バリ・マンディラ・ビーチ・リゾート&スパ 視察レポート 2017年8月

≫「バリ・マンディラ・ビーチ・リゾート&スパ」のページへ戻る

到着

バリ島の国際空港から車で約20分でホテルに到着。賑やかなレギャン地区にあるため、入り口はゲートがしっかり閉まっているが、車寄せのあるバリ風のエントランスでたくさんの彫像がお出迎え。

開放的なロビーでウェルカムドリンクを飲みながらチェックイン、正面の一枚岩の彫刻はバリ文化の一端を見るよう!夕方になるとこの前でガムラン音楽の演奏があり雰囲気満点♪

ロビー左手を抜けていくとコテージの点在するエリア。小路が網の目のようになっているが、真っすぐの道はビーチやプールに抜ける道、ビーチに平行している道は少しカーブしていてロビーの方へ抜ける道となっているので、方向音痴さんでも割とわかりやすい。

▲ページのトップへ戻る

客室

ロビー左手側から宿泊施設が点在するエリアに入り、さらに左側に行くとスーペリアルームが入る3階建てと4階建ての建物がある。外観は寺院建築を模したものでビルディングとはいえバリ風の雰囲気♪エントランス付近や廊下の突き当りなどにも様々なオブジェが飾られている。

一番一般的な客室は、スーペリアルーム。 同じ広さだがバルコニーが無くベッドルームを広めにとり、はじめからベッド3台入ったファミリールームもあり、ここにさらにエキストラベッドを入れ、家族や友人4人と一部屋で過ごすこともできる。

3階建てや4階建ての建物とプールの間に、2階建て(4部屋で1棟)や平屋のデラックスコテージが点在。平屋と2階建てコテージの1階部分は、開放的なシャワースペースとバスタブのついた部屋で、テラスがエントランス側にある造り。2階建てコテージの2階部分の部屋は、シャワースペースのみで日本人のお客様はほとんど利用しないが、自然の風が心地よいバルコニー付。現在順次内装の改装工事を行っているので、インテリアは様々なタイプが混在。

 

一番ビーチに近い敷地のコーナーに、プールクラブヴィラがある。門扉もついておりプライベート感たっぷり。ベッドルームの窓は大きく、プールサイドとリビングが一体になっていて、バスルームや部屋の設備も最新式、ルームサービスの朝食や部屋内のミニバーも部屋料金に含まれているので、二人だけでのんびり静かに過ごす時間も大切にしたいカップルにお薦め♡

▲ページのトップへ戻る

その他の施設

ロビーを右手に行くと小さな蓮の庭があり、向かいにギフトショップ、庭の向こうにはメインレストランの「チェラギ」がある。天井も高く開放的な雰囲気で、ディナータイムには音楽の演奏もあり。チェラギの入り口前の階段を上がると「スリンクラブラウンジ」がある。 「スリンクラブラウンジ」は、デラックスクラブコテージ以上の客室に滞在の場合は、滞在中無料で使える。エアコンの効いた室内とテラス席があり、飲み物やアイスクリーム、お菓子などいつでも食べられるので、子供連れには特に嬉しい!午後3~5時はアフタヌーンティー、午後5~6時はカクテルアワーなので、4時過ぎに行くとアフタヌーンティーを楽しんでいるうちに、日替わりのおつまみが出始め、そしてカクテルアワーに突入!サンセットタイムまでのんびり過ごすのがオススメ♪

メインレストランを出るとプールサイド。ウォータースライダーあり、砂浜のエリアあり、スイムアップバーあり、泳がなくてもガーデンのデイベッドで一日読書したり、卓球したり…見どころ豊富なバリ島だが、最低でも1日はホテルでのんびりしたい。

卓球台の隣に「バロンバー&テラス」、その向こうに小さな噴水があり、「グロウスパ」のエントランス(現在工場中で間もなく完成予定)となる。中は別世界の静けさで、レセプションでマッサージ内容やオイルをチョイスしてからトリートメントルームへ。やはりバリニーズマッサージがオススメです。

スパの隣には「アズルビーチクラブ」がある。1階ではデラックスクラブコテージ以上に宿泊のお客様用の朝食も提供。アラカルトメニューも追加代金無しでオーダー可なのが嬉しい!

2階は眺めの良いレストラン&バー。大人専用(18歳以上)のラッププールとジャグジーもあり。

▲ページのトップへ戻る

ガーデン

ウォータースライダー横には、バリ風のステージもあるガーデンがあり、ウェディングセレモニーやテーマディナー(月、水、土)も開催。

サンセットタイムは、皆ビーチに出てバリの夕焼けを満喫♪

アズルビーチクラブの横にあるガーデンには東屋もあり、ヨガや気功のレッスンにも利用されている。時にはプライベートディナーパーティーなども。

 

バリ島のホテルも最近はモダンな建物が多くなり、ここのようなバリスタイルを維持しているホテルは希少!敷地も広すぎずアットホームな雰囲気。ガーデンの様々な場所で“カワイイ♪”を沢山見つけられます。

Fin

 

≫「バリ・マンディラ・ビーチ・リゾート&スパ」のページへ戻る

▲このページのトップへ

SPMC会社概要お問い合せHOMEへ